brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 24日

予期せぬ事故

1月20日深夜のことです。
セミナーの懇親会を終えて、ひとり歩いていたところ、
道を横断していたわたしに、
角から出てきたタクシーが衝突!どうやら、わたしの姿が見えなかったようです。
(スピードは出ていなかった)
右ヒザを強打し、その場にうずくまってしまいました。
すぐに近くにいた方が救急車をよんでくださり、救急車で病院へ、
幸いなことに骨折はなく、打撲ですみました。

わたし自身普段は運転する立場で、十分注意をしていますが、
歩行者の側も最低限の注意で防げる事故は多いもの。
今回の予期せぬ事故で、改めて感じたことです。


ちなみに、1月20日は49歳の誕生日でした。
ものは考えようで、大事にいたらずよかったと思う事にします。
Fujita/art director

# by brookstudio-f | 2011-01-24 10:47 | Fujita/art director | Comments(0)
2011年 01月 17日

「気付き」から生まれるもの

週末は寒波の影響で
各地が大雪の影響を受けました。
静岡県浜松市は普段は積雪が殆ど無い土地なので、
チェーンやスタッドレスタイヤを常備しているドライバーは
あまり居ないこともあり
(ウィンタースポーツをされる方はお持ちだと思いますが)
朝から危険な風景をあちこちで見かけました。

私は電車通勤なので、渋滞の影響はありませんでしたが
雪道用の靴を持っていないので、雪の上を歩く際に
ブーツのハイヒールを地面にスパイクのように刺しながら
足を取られないようにいつもより余裕をもって出勤しました。

ここは滅多に雪は降りませんが、昔に比べて
積雪の頻度が高くなってきたように思います。
普段は降らないから…といっても
いざ、何かが起こった時に備えが無いと
困るのは自分ですし、周りに迷惑をかけてしまう事も
あるかもしれません。
今は社会人として、日々仕事をする身なので
トラブルを未然に防ぐ責任もあると思います。

今日は何も備えをしていなかった自分を反省しました。
また不測の事態に機能するものを生み出せないかと
今朝気付いた事を
忘れないうちにメモに残しています。

Matsushima/designer

社会人になっても、雪を見ると作りたくなってしまうのも事実。
brookstudioの玄関で、期間限定でお迎えいたします。
b0147347_14534935.jpg

# by brookstudio-f | 2011-01-17 11:42 | Comments(0)
2011年 01月 12日

一月行く月

2011年がスタートして早2週間。
新しい年を迎える度に少し改まった気分で、
今年の目標などをあれこれと考えて、
箇条書きにかきだします。
紙に書き出すだけで、決意のようなものが湧いてきます。
目標には毎年同じことも含まれますが
今年こそは達成しよう!と自分自身を見つめなおす良い節目となります。
今年こそは・・・。
毎年、一年のはじまりに決意するときは、真剣です。

「一月行く月、二月逃げる月、三月去る月」と言われるとおり、
年が明けてから猛スピードで過ぎていくような気がします。
いつのまにか、日々の生活に追われて
目標を見失わないように、
決意を新たに納得いく一年を送りたいと思います。
(Manager)

# by brookstudio-f | 2011-01-12 11:47 | Manager | Comments(0)
2011年 01月 06日

MacとWin

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

グラフィックデザインでは、今でもMacの使用率が高いのですが、
OSのシェアでは90%以上をWindowsが占めています。
今では「Mac」もしくは「Apple」といえば、
iPodやiPhone、iPadをイメージする人の方が多いかもしれません。

時折友人から「なぜMacを選んだのか」と
聞かれることがあるのですが、答えは
「他に無かったから」です。
DTP(この言葉もあまり使わなくなりました)を始めた当時、
デザインの出来るソフトを扱えるのはMacしか無かったのです。
現在の数倍の価格のパソコンやモニターを購入し、
高解像度データのあまりの重さにうんざりしながら
作業を進めていたのもいい想い出です。

それから道具として使い続け、すっかり手に馴染んだMacは、
周辺機器やソフトも含め、今さら他のOSに乗り換える必要性を感じません。
昨今はOS間のデータのやりとりもスムーズになり、
様々なサーバーのサービスも充実しています。
いずれはOSの違いといったものを意識せず、
特別な知識を必要としない、誰もが使える端末へと、
パソコンは移り変わっていくのではないかと感じています。

Moriuchi/designer

b0147347_15405591.jpg

# by brookstudio-f | 2011-01-06 15:41 | Comments(0)
2010年 12月 27日

2010年仕事納め

2010年も残すところあと僅かとなりました。
今年もいろいろな方と出会い、お世話になりました。
たくさんの出会いに深く感謝します。

b0147347_12253045.jpg













写真はブロッコリーとカリフラワーをかけ合わせた野菜です。
年末から新しい企画「+43プロジェクト」が始まりました。
これは「葉酸」をとることの大切さを妊婦さんはじめ、
多くのひとに広めてゆくプロジェクトです。
食の安全が問われる時代に、
健康につながる食について、深く関心をもつきっかけとなりました。

2011年も更なる発展、飛躍に向けて
より一層の努力をしてまいります。

当社の年末年始の休業期間は下記のとおりです。
12月29日(水)~1月5日(水)
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

Fujita/art director

# by brookstudio-f | 2010-12-27 12:42 | Fujita/art director | Comments(0)
2010年 12月 20日

献血をして

どんなに医学が進歩した現在も、
血液を人工的に作り出すことはできないそうです。
献血によって輸血を必要とする人たちの尊い命は救われています。
私は身近なボランティアとして、
献血車を見かけると進んで献血をするようにしています。
今回も幸いなことに、献血前の検査をスムーズにクリアし、
体調万全で献血に挑みました。
人様のお役にたてること、自分が献血できる健康な体に恵まれていること、
しかも血液を褒められるおまけつきで、気分よく献血終了!
(もう100ccくらい大丈夫かも?)
なーんて妙にハイテンションになっていた私でした。
ところが、そのあと大変なことに・・・。
バスをおりて数メートルのところで、
はじめて立っていられないほどの貧血に襲われ、
近くにあった椅子に倒れこむ始末です。
しばらく休んで、なんとか家にたどりつきましたが・・・。
献血で貧血をおこすとは不甲斐なく、
献血を甘く見ていた自分がはずかしくなりました。
常日頃からもっと体を鍛え、必要な栄養をしっかりとって、
400ccの献血にもびくともしない健康な体を作ろう!
と、強く思った2010年の年の瀬の出来事でした。
(Manager)

b0147347_9202312.jpg















【 年末年始のお知らせ 】
  誠に勝手ながら、下記の期間年末年始の休暇とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
期間 : 2010年12月29日(水) ~ 2011年1月5日(水)

# by brookstudio-f | 2010-12-20 09:23 | Manager | Comments(0)
2010年 12月 13日

自然と人がつくる美しいデザイン

先日、胡蝶蘭をいただきました。
贈答用として有名な花で、名前の通り蝶が舞う姿に似ている
とても美しくて優雅な植物です。

贈答用としての植物は、
品種改良という人の研究の賜物によるものが大きく
ありのままの美しさとは少し異なりますが
本来の長所をより活かすため、本来の欠点はできる限り改良し
様々な環境・状況への対応力と
さらなる可能性への追求というように
はっきりとした目的意識を持って、研究をされているものだと思います。

私たちデザイナーは、「無」から物を作ることもありますし
「有」から物を作ることもあります。
いずれにしても、「作り・活かす」という目的意識は品種改良のように
必要不可欠であることは間違いありません。

より良いものを作るため、活きるものを作るための努力を惜しまずに、
日々邁進してゆきたいと思いました。

Matsushima/designer

美しい胡蝶蘭は自然と人の協同作品。
b0147347_10554358.jpg







































シンメトリーの美しさは、自然界にも数多く存在しています。
b0147347_1056274.jpg

# by brookstudio-f | 2010-12-13 10:59 | Comments(0)
2010年 12月 06日

OS9とOSX

以前ほどではありませんが、デザイン業界では今でもMac-OSが主流です。
そして“クラシック”と呼ばれるようになってしまったOS9を、
Illustrator8.0と組み合わせて使用しているデザイナーも
まだまだ数多く残っています。
OSXとIllustratorCS(現在のバージョンは5)との共存が
今の所最も多いパターンではないでしょうか。

我々デザイナーにとって、こういったDTPソフトは「道具」です。
毎日数時間(時には10時間以上)を、モニターに向かい、ソフトを操作して過ごしている内に、
それらのソフトは使い古した工具のように“手に馴染む”状態になるのです。
バージョンアップを重ねれば、機能は増えて
今まで出来なかった編集や加工が行えるようになるのですが、
馴染んだ道具を手放すような戸惑いや寂しさも感じます。

WindowsのOSも、工作機械などの制御には、
今でも2000が使われているという話を耳にしたこともありますし、
2世代前ながら、信頼できるXPを使い続けている人も多いようです。
ハードもソフトもいつかは使えなくなり、
新しい物に移っていかなくてはなりません。
日進月歩のパソコン界に負けないようがんばります。

Moriuchi/designer

b0147347_19144875.jpg

# by brookstudio-f | 2010-12-06 19:16 | Comments(0)