brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 26日

平成最後の年賀状

年賀状を準備する時期になり、「平成最後の年賀状」と思うと、

平成の30年間をふり返り、感慨深く想います。

昭和から平成に変わるころ、友人からの年賀状というと

わが子の写真入りのものが多く、毎年成長する子どもたちの姿は心温まるものでした。

それから30年の月日が過ぎ、(あっという間に・・・)

ここ数年は友人からの喪中ハガキが届くことが増えました。

「ああ、親を看取る年になったんだなー」としみじみ感じます。

晩秋という季節のせいもあるのでしょうか、すこしほろ苦い想いがしています。


来年、201951日には平成は幕を閉じ、

新しい元号に変わります。

また、新たな気持ちで頑張っていこうと思います。

Manager


[PR]

by brookstudio-f | 2018-11-26 09:00 | Manager | Comments(0)
2018年 11月 19日

パッケージの力

この時期になると、期間限定で発売される大好きなお菓子があります。
スーパーやコンビニに行ったとき、
そのお菓子のパッケージを思い浮かべながらお菓子コーナーに向かうと、
まるでそのお菓子だけが光って見えるような感覚になることがあります。

もし、パッケージが変わってしまったら見つけるのに苦労するかも・・・
そんなことをふと思ったとき、パッケージには不思議な力があるなと感じました。

仕事の中でパッケージのデザインをご依頼いただくこともあります。
パッケージには、見た目を飾るだけでなく、
商品の良さを覚えてもらったり、もっと好きになってもらったりするために
大きな役割を果たしてくれる力があると思います。

パッケージを通じて、お客様が商品のイメージをどんな風に受け取るか、
きちんと意識して取り組んでいけたらと改めて感じる出来事でした。

Kato/designer

[PR]

by brookstudio-f | 2018-11-19 10:56 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 11月 12日

「か かた かたち」

元々は建築家の菊竹清訓さんが提唱した理論らしいのですが、
これは対象が何であってもデザインという行為に応用できそうです。

認識と実践のプロセスの三段階理論で、下記の様な階層になっています。
か ・・・・ 本質/原理/思考
かた ・・・ 実体/技術/体系
かたち ・・ 現象/感覚/形態
そして、認識のプロセス(かたち→かた→か)

実践のプロセス(か→かた→かたち)となります。

デザインはこの3つの段階で成立していると考えられます。

一つ目はモノやコトの「本質」(か)

二つ目はそれを組み立てていくための「仕組み」(かた)

そして最後に、ビジュアルとして表出される「形態」(かたち)です。

「形態」は、「本質」を「仕組み」でつなげることで初めてかたちになる。

かたちの認識プロセスは、

〈かたち〉を現象として感覚する段階(かたちを認識する段階)

〈かたち〉の中にある普遍性や法則性を理解する(かたを認識する段階)

〈かたち〉の原理、本質を扱う(かを認識する段階)

本質があり、実態があり、形態がある。

僕は、「デザイン」という言葉を名詞ではなく動詞だと捉えています。

もちろん、感性や個性に頼る部分もありますが、

表現の技術だけで成立するのではなくて、本質を理解した上で

目的に辿り着くまでの「考え方」まで含まれているのが

デザインという行為だと思います。

Fujita art director


[PR]

by brookstudio-f | 2018-11-12 11:55 | Fujita/art director | Comments(0)
2018年 11月 05日

「朝のりんごは金と等価の栄養」

几帳面な父(84歳)は毎朝3時半に起床。

そして毎朝、同じジメニューを自分で支度します。


トースト・コーヒー・ヨーグルト(きなこと蜂蜜入り)・バナナ・りんご


「朝のりんごは金と等価の栄養」

と、20年ほど前にどこかで聞いたことがはじまりで、

季節に関係なく毎朝かかさず、りんごを半分食べます。

 秋の味覚はりんごといわず、ぶどうやなし、柿、みかんなど旬のフルーツもあるというのに、

1年中りんごでないと気がすまない。


というわけで、冷蔵庫には大量のりんごがストックされています。


毎朝のこのルーティンは、ゲンキに生きる秘訣かもしれません。

(Manager)
[PR]

by brookstudio-f | 2018-11-05 09:00 | Manager | Comments(0)