brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 29日

ブランド・アイデンティティ

企業が「顧客にこう思ってほしい!」と思うことを

言葉で構築化したものを「ブランド・アイデンティティ」といいます。


「ブランド」はお客様の心の中でつくられるものなので、

ブランド・アイデンティティをしっかりと確立したうえで

思っていることをしっかりと提示し、

お客様にも同じように感じてもらうことが大切だと思います。


普段のコミュニケーションに置き換えて考えてみると、

自分の思い込みで話していたことが

相手にとってはそうではなかったと気づくことはたくさんあります。

伝え方を間違えてしまうことで、

本当に伝えたいことがうまく伝わらないのはもったいないことです。


まずは伝えるべき情報をきちんと整理して、かたちにしていくこと。

自分の認識と、相手の認識を結びつけていくためには、

常に客観的な視点を持つことが大切だなと感じます。


Kato/designer


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-29 11:15 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 10月 25日

産学プロジェクト「売れるパン」をつくり出す


講師を務める専門学校浜松デザインカレッジで、グラフィックデザイナーを目指す学生が、企業からの要望にこたえ、社会の中でデザインをどう機能させるのかを実践の中で学ぶ機会として、事業者と学生のコラボレーションによる「売れるパンをつくりだすためのデザイン提案」の実習を授業で行いました。

遠州食品加工業協同組合※に所属する株式会社マルト神戸屋(浜松市東区市野町2750 担当者 落合正浩)が浜松調理菓子専門学校(浜松市中区広沢122 校長 天野又一)の学生とチーズとチョコレートを使ったパンの商品開発のアイデアを募り、クランベリー&チョコクロワッサン¥200とダブルスネーク・チーズデニッシュ¥200が商品化されました。これを受け浜松デザインカレッジの学生が、遠州バザール1020日・21日で販売するために「欲しい」と思ってもらえるPOPのデザインの制作実習をしました。

そしてこのたび、学生デザイナーによるビジュアル・プレゼンテーションが行われ、各チームがアイデアをビジュアルに表現して、事業者様側にプレゼンテーションしました。
Fujita art director


b0147347_09090693.jpg





[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-25 09:10 | Fujita/art director | Comments(0)
2018年 10月 15日

消費者の心を動かす商品PR

 私が、物を買うとき、その商品を見た目で選ぶこともあれば、品質で選ぶこともあり、
価格やメーカーで、選ぶこともあります。例えば、食品だとしたら、パッケージのデザインより、
味を優先して選ぶこともあるということです。消費者の目線は、さまざまだと思います。
選ぶポイントが消費者にとって必要です。
 商品を売る背景には、品質、価格、ネーミング、デザイン、パッケージ、広告、プロモーション、
また、その商品を売る企業の経営理念、社風、商品のコンセプトなど段階を踏んで販売に至ります。
 商品のもっているどの部分に光を当てれば、本来の魅力が伝わるのかを考え、消費者の心を動かす
ことができたらいいなと思います。

ogami/designer
b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。

[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-15 14:54 | Comments(0)
2018年 10月 03日

台風被害

浜松市内の台風24号に伴う大規模な停電は、

103日現在も続いているところがあり、

未だに全面復旧まで時間がかかりそうです。

暴風雨による被害は停電や断水だけではなく、

日を追うごとに多くの被害があちこちで聞かれます。

カーポートや物置、犬小屋が10数メートル先まで飛ばされたり、

駐車してあった車に、飛ばされた壁の一部があたり硝子にひびが入ったり、

身近で起きた経験したことのない被害の大きさに、驚くばかりです。

いまだ信号機が消えている交差点もあり、一日も早い復旧を願います。

Manager


[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-03 09:41 | Comments(0)
2018年 10月 02日

えなみ農園様 VI

b0147347_16554512.jpg

えなみ農園様は、静岡県浜松市浜北区で
ミカンやブルーベリーなど13種類の果樹を栽培している農家さんです。
自社栽培した果実と、静岡が誇る選りすぐりの果実を使い、
独自の製法でジャムやマーマレードもつくっています。

2017年と2018年にイギリスの賞で金賞を受賞したマーマレードは、
「宝石のような」という言葉がぴったりの
こだわりぬかれた本物のマーマレードです。

シンボルマークは「自然の力が育むこだわりの果実」をコンセプトに、
太陽と広がりをシンボライズ。
シンボルカラーのオレンジは太陽の恵みを表し、
放射状に伸びる線は、果実の魅力を引き出すつくり手の感性の広がりと、
上質な豊かさを表現しました。

ロゴタイプは、可読性の高いスラブセリフ体と
有機的なスクリプト体を組み合わせることで、
洗練された存在感を表現しています。

今後、このシンボルマークを中心に
パッケージやリーフレットにも展開していきます。
えなみ農園様、ありがとうございました。

Kato/designer



b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-02 16:56 | Kato/designer | Comments(0)