brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Kato/designer( 21 )


2018年 05月 28日

社会保険労務士法人 杉浦会様 VI

社会保険労務士法人 杉浦会様のVIを当社で担当させていただきました。

杉浦会様の「労使関係を晴朗になるよう努力実践する」との想いから、
「晴朗の心」をあらわす「晴(清)」と「朗」をモチーフに
デザインさせていただきました。

「晴朗」とは、空が晴れ渡ってのどかなさまのことをいいます。
心にわだかまりなどがなく、明るくすっきりとした印象を与える
明るいブルーをカラーリングしました。

ロゴを使用して、名刺や封筒など
アプリケーションデザインも制作させていただきました。

社会保険労務士法人 杉浦会様、ありがとうございました。

Kato/Designer

b0147347_10043644.jpg


[PR]

by brookstudio-f | 2018-05-28 10:03 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 04月 23日

ザイアンスの法則(単純接触効果)

【アメリカの社会心理学者ザイアンスの法則】
1 人は知らない相手には攻撃的、冷淡になる。
2 人は相手に会えば会うほど好意を持つ。
3 人は相手の人間的側面を知った時により強く相手に好意を持つ。

ザイアンスの法則とは、何度も見たり聞いたりしたものに対して
次第によい感情が起こるようになってくる効果のことです。

テレビCMで流れる音楽やキャッチコピーを自然と覚えて
無意識のうちに親近感を抱くようになることがありますが、
これはザイアンスの法則による効果が大きいと考えられます。

効果が分かりやすいのはやはりテレビCMですが、
ザイアンスの法則は、もっと身近なところでも
さまざまな場面で活躍してくれるのでは?と思います。

たとえば、企業の顔でもあるロゴマークは、
お客様の目に触れる機会が増えれば増えるほど
なんとなくでも、記憶の片隅にとっておいてもらうことができ、
また別の場面でそのロゴマークを目にしたとき、
「あ!知ってるこの会社!」と
親近感を抱いてもらえるきっかけになるかもしれません。

ロゴマークは、企業やお客様に愛されて育ってゆくものだと思います。
トーン&マナーに注意して、色んな場面で使ってゆきたいですね。

Kato/Designer


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-04-23 10:00 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 03月 26日

インフォメーションとコミュニケーション

「デザイン」というものを考える上で、「インフォメーション」と
「コミュニケーション」のちがいはよく理解しておかなければと感じます。

「インフォメーション」は情報を発信すること。
「コミュニケーション」は情報を共有すること。

私たちの仕事は「コミュニケーション」のデザインです。
チラシやパンフレット、パッケージなどさまざまなツールを制作していますが、
そのすべてが、企業と顧客をつなぐためのものだということを忘れてはいけないなと、
ブルックスタジオで働くようになってから、より強く感じています。

私たちが企業のみなさんとデザインを制作していくときには、
当たり前ですが、そこにお客様はいません。
もちろん、企業側が伝えたい情報を、正しく伝えることも大切ですが
情報を受け取ったお客様がどう感じるかを考えることで
どんなデザインにするべきか、おのずと道が開けてくるような気がします。

「情報を正しく伝えること」と「お客様の気持ちを動かすこと」。
見えないお客様の顔を思い浮かべるのはむずかしいことかもしれませんが、
デザイナーとして、大切なスキルなんだと思います。

3月も終わりが近付き、過ごしやすい気温になってきました。
桜の開花情報も続々と寄せられていますが、
みなさんはもうお花見に出かけられたでしょうか。
浜松では、満開までもうすこし。私もとても楽しみです。

Kato/designer


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-03-26 09:52 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 02月 26日

デザインとアートのちがい

先日、藤田社長がデザインとアートのちがいについて話されていた内容が
とても興味深かったので、紹介させていただきます。

どちらも“かたちをつくる”という意味では同じですが、
『アート』は個人が社会に向き合うための意思表明であるのに対して、
『デザイン』は社会から要請されるものなので目的がはっきりしています。
つまり、発生の根源が個人にあるか・社会にあるかの違いです。

どちらが良くてどちらがダメということではなく、
私たちがお仕事として関わっているデザインは
何か目的を達成するために存在しているんだということを
忘れないでいたいと感じるお話でした。

“この商品を売りたい”とか、“会社としてイメージアップしたい”とか、
デザインを通して社会の中で役に立つ仕事をしていくために、
“どうなったら理想なのか?そのためには何が必要なのか?”をよく考える。
それが、機能するデザインへの第一歩なのかもしれません。

Kato/designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-02-26 10:55 | Kato/designer | Comments(0)
2018年 01月 22日

SNSについて

インスタグラムの話題が出たので、
本日は、みなさんにとってもきっと身近な
3つのSNSについて考えてみたいと思います。

1 Twitter
投稿することを「つぶやき」と呼ぶように、
140文字以内の短い文章で投稿するのが特徴的です。
気軽に発信できるぶん、世界中でトレンドの話題や情報が
拡散されるスピードも速いです。

2 Instagram
文字だけで「つぶやく」ことのできるTwitterと違って、
写真ありきで投稿してゆくがメインのSNSです。
最近では「インスタ映え」という言葉もよく聞くようになりました。

3 Facebook
TwitterやInstagramと違うところは、実名登録という部分でしょうか。
老若男女問わず人気なSNSという印象です。
実名ということもあり、投稿する際には慎重になるので
発信されている情報に関しても、信頼感が高くなるのかもしれません。

ブルックスタジオでは昨年末から、Facebookを利用して
今年迎える30周年に向けて対談企画を連載しています。
ビジネスでSNSを利用されている企業様も多いと思いますが、
それぞれ、メリットやデメリットが必ず存在します。
企業側も、顧客側も、自分たちで情報を発信できるメディアが
どんどん進化していく中で、やみくもに手を出して
目的を見失ってしまわないよう、伝えたいことを軸にしっかり持って
取り組んでいくことが大切だなと感じます。

kato/designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2018-01-22 09:46 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 12月 25日

年末のご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。
本年は格別のご愛顧を賜り、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

毎日学ぶことが多く、濃い時間を過ごしているつもりですが、
それでも1年が経つのは本当にあっという間に感じられます。
まだまだ至らない未熟者ですが、みなさまとのお仕事の中で学んだ
たくさんのことを来年に活かせるよう、より一層務めてまいります。

どうぞみなさま、寒い日が続いておりますので
風邪などひかないようお身体に気をつけて、良いお年をお迎えくださいませ。

【 年末年始のお知らせ 】
誠に勝手ながら、下記の期間年末年始の休暇とさせて頂きます。
期間 : 2017年12月29日(金)※大掃除 ~ 2018年1月7日(日)

来年は、1月8日(月)より通常業務を開始いたします。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

Kato/designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-12-25 09:25 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 11月 27日

ブランドの特殊性「多層性」

みなさんは、普段買い物をするときにどんなことを重視されているでしょうか。
値段や機能、デザインなど、色々な側面があると思います。
何を買うかによっても、重視したいポイントはさまざまですよね。

ブランドには、3つのベネフィットが存在しています。
1つ目は、機能的ベネフィット。
たとえば靴を例に挙げると、「軽い」とか「疲れにくい」とか、
そのブランドが持っている、機能面におけるいいことです。
2つ目の情緒的ベネフィットはもっと感覚的なところで、
「形がかわいい」とか「これを履くと楽しい気持ちになる」とか、
好き・嫌いの部分もここに当てはまるでしょうか。
そして3つ目は、自己表現ベネフィット。
「この靴を履いていると、オシャレな自分を演出できる」とか、
そのブランドを利用することで、なりたい自分になれたり、
他人にアピールできたりすること。

一般に評価の高いブランドは、このように異なるベネフィットが
多層構造になっているものが多く見られるといいます。
これが「ブランドの特殊性」のうちのひとつ「多層性」です。
ブランドの所有者は、それぞれのベネフィットについて
お客様と同じように感じることはできません。
それがブランドの難しいところですが、
自分のものさしだけでものごとを考えるのではなく
いろいろな立場から考えてみることが大切だと感じます。

年末年始にかけて、普段よりも買い物に出かける機会が増えそうです。
伝える側の立場から、お客様の立場になって
考える機会をもっと増やしていけたらと思います。

Kato/designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-11-27 10:02 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 10月 23日

お客さまにとっての意味

「その商品がブランドになるのは、それがお客さまにとって意味を持ったときです。」

これは「TRUE DESIGN NOTE」からの一文です。

企業側が、どれだけ熱い想いでつくったものでも
最初はみんな「ブランド」ではありません。
顧客側がその商品を良いと思ったり、好きになったり。
そこに込められた想いに共感して、その世界観を手に入れたいと思う。
そうしてやっと、「ブランド」としての価値がうまれるのです。

つまりそれは、ブランドの価値は増減するということ。
たとえば一度は誰かにとってのブランドになれたとして、
そこからもっともっと信頼されるブランドになる可能性もあれば、
なにかのきっかけでそうはなくなってしまう可能性があるとも
考えることができるのではないでしょうか。

私たちブルックスタジオが携わっているのは、
そんな、誰かにとっての「ブランド」であり続けるために
企業の想いを伝えていくお手伝いをすることだと思っています。
これからも、デザインにはそんな力があると信じて
日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

Kato/Designer


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-10-23 09:31 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 09月 18日

入政建築様 ホームページリニューアル

このたび、入政建築様のホームページのリニューアルを

お手伝いさせていただきました。


今回は、今までのホームページの内容を見直し、

入政建築様の強みである「小さな家で、豊かに暮らす。」というテーマを

より伝えていけるような内容に再構成いたしました。


また、リニューアルのもうひとつのポイントは「スマートフォン対応」です。

最近では、インターネットを利用している人たちの

約7割以上がスマートフォンを使っているのをご存知ですか。

スマートフォンからの閲覧でも、

お客さまにストレスなくホームページを閲覧してもらいたいという

入政建築様の想いをお伺いし、今回のリニューアルを機に

スマホ対応のデザインをご提案させていただきました。


入政建築様、ありがとうございました。


入政建築様のホームページはこちら


b0147347_09255187.jpg



b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-09-18 09:26 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 08月 21日

「森の石けん」パンフレット

みなさま、お盆休みはいかがお過ごしになりましたか。
まだまだ猛暑がつづきますが、くれぐれもご健康にお気をつけください。

さて、以前にもパッケージ制作についてご紹介させていただいた
森の石けん「Grace of Forest」ですが、
このたび、プロモーションツールのためのパンフレットが完成しました。

b0147347_09443044.jpg

掛川の森の恵みを使用してつくられた、無添加の化粧石けん。
原料であるヒノキの葉や葛の葉の写真は、
森のいのちを感じさせるような新鮮さが表現できるよう
撮影にもこだわりました。

商品やパッケージだけではなく、
こういった形でパンフレットとして表現することにより
時ノ寿の森クラブのみなさまの想いが
もっと多くの方に届くきっかけになることを願っています。

Kato/Designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-08-21 09:56 | Kato/designer | Comments(0)