brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

2015年 08月 03日 ( 1 )


2015年 08月 03日

企業ブランドにデザインの力を

担当している授業で、グラフィックデザイナーを目指す学生が、企業からの要望にこたえ、社会の中でデザインをどう機能させるのかを実践の中で学び、デザインの可能性を探る機会として、
学生デザイナーと企業のコラボレーションによるコミュニケーション・メッセージの開発を行うことになりました。
常葉大学造形学部造形学科ビジュアルデザインコースの3年生が、企業ブランディングを授業の実習として、ツナ缶を中心とした食品メーカーで静岡県を代表する企業である、いなば食品株式会社のブランド価値向上を目的として、消費者、リクルート学生への企業メッセージの発信のための、コーポレートメッセージとビジュアルの提案のプレゼンテーションを行いました。
実際には6月23日に、学生たちが、いなば食品株式会社に出向いて、要望などのオリエンテーションを受けました。これを受けて、学生たちが、チームを組んで情報の整理分析から、ターゲットを絞り、ニーズを探り、表現コンセプトを開発し、コーポレートメッセージとビジュアルの提案を実習として行いました。
プレゼンテーションは学生が9つのチームに分かれ、1つの共通のコンセプトのもと、メッセージをビジュアルに表現して7月28日に企業側にプレゼンテーションしました。

デザインという行為は、目的に対して、情報を秩序立て、人に伝える物語を重視し、課題解決のための
思考と表現の実践であることを、学生と社会に気づいてもらえればと願って、毎年取り組んでいます。

Fujita/art director


b0147347_1673995.jpg




















b0147347_9462541.jpg

























ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2015-08-03 16:14 | Fujita/art director | Comments(0)