人気ブログランキング |

brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

2011年 02月 07日 ( 1 )


2011年 02月 07日

ピクトグラムの意味

今朝、ある情報番組で「高齢運転者標識」の
認知度・伝達力の低さについて取り上げていました。

高齢運転者標識が変更されたのは知っていましたが
確かに、初めて標識を見た時
瞬時に内容を判断できない、分かりづらい標識だと
思いました。

道路標識に限らず、ピクトグラム=絵文字と呼ばれるものは
「何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の一つである。
文字による文章で表現する代わりに、視覚的な図で表現することで、
言語に制約されずに内容の伝達を直感的に行う目的で使用されている。」
(wikipedia「ピクトグラム」より一部抜粋)

とされています。
そのピクトグラムを使用する当人だけではなく、
どんな人が見ても分かりやすく
認識できる必要性があります。
まして、命に関わる重要な絵文字が情報として
正しく伝達されず、大事に至ってしまっては元も子もありません。

ピクトグラムを変更することは、決して悪いことではありません。
企業のシンボルマークも時代と共に少しづつ変化していったり
リニューアルすることも多くあります。
新たな文化が生まれれば、それを示すピクトグラムも生まれてきます。

安易に「奇抜なデザイン」「何となく変えたい」とするのではなく
伝達力の高いピクトグラムとは何かを考え
社会的にきちんと機能するデザインをつくることは
デザイナーとしての責任です。
そして、新しく生まれたピクトグラムを
世の中に正しく知ってもらうために
インターネット・テレビ・雑誌等、あらゆる媒体で
伝達をすることも、非常に重要だと思いました。

Matsushima/designer

左から旧高齢運転者標識(1997年 - 2011年1月)、新高齢運転者標識(2011年2月 - )。
ピクトグラムの意味_b0147347_11583248.jpg

by brookstudio-f | 2011-02-07 10:48 | Comments(0)