brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 25日

産学プロジェクト「売れるパン」をつくり出す


講師を務める専門学校浜松デザインカレッジで、グラフィックデザイナーを目指す学生が、企業からの要望にこたえ、社会の中でデザインをどう機能させるのかを実践の中で学ぶ機会として、事業者と学生のコラボレーションによる「売れるパンをつくりだすためのデザイン提案」の実習を授業で行いました。

遠州食品加工業協同組合※に所属する株式会社マルト神戸屋(浜松市東区市野町2750 担当者 落合正浩)が浜松調理菓子専門学校(浜松市中区広沢122 校長 天野又一)の学生とチーズとチョコレートを使ったパンの商品開発のアイデアを募り、クランベリー&チョコクロワッサン¥200とダブルスネーク・チーズデニッシュ¥200が商品化されました。これを受け浜松デザインカレッジの学生が、遠州バザール1020日・21日で販売するために「欲しい」と思ってもらえるPOPのデザインの制作実習をしました。

そしてこのたび、学生デザイナーによるビジュアル・プレゼンテーションが行われ、各チームがアイデアをビジュアルに表現して、事業者様側にプレゼンテーションしました。
Fujita art director


b0147347_09090693.jpg





[PR]

by brookstudio-f | 2018-10-25 09:10 | Fujita/art director | Comments(0)


<< ブランド・アイデンティティ      消費者の心を動かす商品PR >>