brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 27日

美しい音が聞こえるだろうか

グラフィックには、「生き生きとした」「写実的な」という意味があります。
伝えたいメッセージを情緒的、感情的メッセージにかえることが「表現」であり、
言葉、ビジュアルを使って、メッセージをまさに生き生きとした表現として
定着させるものが「グラフィック・デザイン」です。
デザインには、戦略への理解と、表現力、造形力が必要です。
訴求力を高めるためには、商品特性や社会動向からコンセプトを引きだし、
トーン&マナーを統一し、媒体別の展開計画、表現適性といった、
さまざまな条件を検討・選択し、表現の質を高めていくことが大切です。
伝えるべきものは何か? 受け手に実感できる表現になっているか?
品性は保たれているか? 視覚的な刺激があり、なおかつ共感の
得られる風を送っているか?
快適な印象が感情に響いたとき、人はそれを記憶にとどめよう
とするのではないでしょうか。
そして、音のないグラフィックという世界でも、
果たして人の気持ちを動かせるような、美しい音は聞こえているでしょうか?

Fujita/art director

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2016-10-27 17:52 | Fujita/art director | Comments(0)
2016年 10月 19日

「森の石けん」パッケージ試作

NPO法人 時ノ寿の森クラブの皆様がつくる森の石けん、
「Grace of Forest」のパッケージ試作についてご紹介します。

この石けんは、捨てるだけになってしまっていた森の資源を
社会に活かしたいという想いからつくられました。
掛川倉真のひのき蒸留水と葛蒸留水を使って作られ、保湿効果もバッチリ。
無添加なので、敏感肌の方でも安心して使える化粧用石けんです。

こちらのパッケージを検討する際、
不織布で包んだらどうか? 箱に包んだらどうか? など
あらゆる角度から検討し、実際に試作を重ねてゆきました。

「筒包み」という包み方をご存知でしょうか。
写真右下に並んでいるものが「筒包み」で包んだものですが、
私は、今回の試作を通して初めてこの包み方を知りました。

このほかにも様々な検証を重ねた結果、
女性らしく気品が感じられる箱をパッケージとして採用することになり、
「筒包み」はお蔵入りとなってしまいましたが、
このような試作を通して私自身学ぶことがたくさんあったように感じています。

これから販促計画のもと、パッケージの制作も本格的にスタートします。
NPO法人 時ノ寿の森クラブの皆様、よろしくお願いいたします。

Kato/designer
b0147347_14541479.jpg


b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2016-10-19 14:56 | Kato/designer | Comments(0)
2016年 10月 10日

浜名湖おでん パッケージ

魚秀様が新しく開発された、お土産品「浜名湖おでん」の
パッケージデザインを当社で担当させていただきました。

浜名湖おでんは、うなぎのかば焼きを練り物で巻いた「うなぎ巻」と、
うなぎエキスを練り込んだはんぺんなど
浜名湖ならではの味を楽しめる計六種類の具材を、
常温で長期間保存可能なレトルト食品にしたものです。
うなぎの臭みを抜き、癖の無い食べ易い浜名湖おでんは、
どなたにも楽しんでいただける味となっています。


ロゴマークは、新たに制作した「魚秀マーク」と「浜名湖おでん」を組み合わせ
スッキリとしながらもおでんの温かみを感じる、手書き文字となっています。
パッケージは、お土産を意識して持ち手の付いた形態にし、
浜名湖の波をモチーフに、癖の無い食べ易い味をイメージした色味にしています。

10月中旬よりJR浜松駅内の売店や百貨店にて発売されます。
新しい遠州の味としてお土産にいかがでしょうか。

魚秀様 ありがとうございました。

kobayashi/designer

b0147347_17492789.jpg
b0147347_1749998.jpg



b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2016-10-10 17:49 | Kobayashi/designer | Comments(0)
2016年 10月 07日

予期せぬ出来事

日常生活では予期せぬことが起こります。

先日、リビングのTVが突然壊れてしまいました。
朝、起きていちばんにTVをつけ、
帰宅するとすぐにTVをつけ、
家にいる時間の大半はテレビをつけた生活が、
突然プチっと消えてしまい、何度も何度もスイッチを入れたり消したりしましたが、
寿命には勝てなかったようです。

ところが、テレビのない生活は、思ったほど不便ではなく、
朝ドラにはじまり、番組の時間帯に生活が縛られていたようで、
いかにテレビに依存していたことか?
一方的に流れてくるテレビではなく、自分で選んで好きな本を読んだり、
スマホでニュースを見たり、調べ物をしたりと、
かえって自分の世界が広がるようです。
子守代わりにつけていたテレビがなくても、
2歳の孫は絵本を一人で声をだして何冊も読んでいて驚かされましたし、
意外な発見もあり、静かな時間もまた良いものだなーと思いました。


が・・・    
「舌の根も乾かぬうちに」とはこのことで、
やはり習慣には勝てず、「9月決算セール!」の呼び声に押され
新規購入してしまいました。
ただ、この突然起きた予期せぬ出来事を機に、
これからはなるべくTVを消す時間をつくっていきたいと思っています。
秋の夜長、静かーに読書!というのも、素敵な大人の時間かも?
(活字を読むとすぐに眠くなりますが・・・)
(Manager)




a href="http://to1985.net/index.html" target="_blank">b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2016-10-07 10:15 | Manager | Comments(0)