brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 20日

秋の空

二週連続で台風の影響をうけた週末でしたが
今週末は、やっと秋らしい天候に恵まれて、気持ちの良い秋空がひろがりました。
春の空に比べて、
秋の空は青く澄んでいて、とても気持ちがいいものです。
ところが、こんな穏やかな秋の季節はとても短いもので、
秋風を感じると、あっという間に冬の足音が聞こえてきます。
否が応でも季節の経過の早さを感じずにはいられません。
そんな短い秋は、実りの秋でもあり、おいしいものが沢山でまわります。
秋になると急に食欲が出てくるのは、
気温が下がって、体温を維持するために
より多くのエネルギーが必要になるからです。
・・・と、新聞にかいてありました。
エネルギー保持のために食欲がわくのは自然なこと。

今年もまた例年どおり、食欲旺盛の秋です。
(Manager)

b0147347_948462.jpg














b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-10-20 09:56 | Manager | Comments(0)
2014年 10月 13日

自炊、はじめました。

現在、「自炊」という言葉には2つの意味があります。
ひとつは「外食せずに自宅で食事をつくって食べる」ことですが、
もうひとつは、「本や書類を自分でデジタル化して保存・閲覧する」ことです。

YAHOOやGOOGLEで検索をすると、本来の意味よりも「本のデジタル化」の意味の方が、
検索結果が多く出たりしますので、ご存知の方もたくさんいらっしゃることでしょう。
AMAZONで「自炊」と検索しますと、料理のレシピ本以上に、
自炊に必要なスキャナーや裁断機などがずらりと現れて驚きます。
自炊(料理)・自炊(電子書籍)、といったように、注釈付きで区別されています。

この新しい「自炊」という言葉、語源を調べますと、
「自分でデータを吸い込む」=「自吸い」=「自炊」という説が主流のようです。
てっきり「外食をしない=電子書籍を買わない」+「料理を作る=自分でデジタル化する」と、
本来の自炊の意味になぞらえているのだとばかり思っていました。
そういった意味も含まれているとは思いますが、
それにしてもよく出来た言葉だと感心します。
前述のAMAZONの検索結果からも分かるように、
すでに一般化しており、ネット辞書には両方の意味が載っています。
国語辞典に掲載される日も近いのではないでしょうか。
デジタルの普及に伴う新語は、時々こうした「上手い」ネーミングが生まれて、
どこから発生したのか今となっては分からないけれでも、みんなが当たり前に使っている。
といった現象が起きています。

さて、私もスキャナーを購入し、
さっそく家に山と積まれた雑誌や書類を「自炊」してみました。
とても便利、簡単、そして楽しいです。
捨てられないけれど古い書類や、
読むかどうか分からないけれど、処分するには躊躇する、
はっきりと「取っておく」「捨てる」と決断できない、境界線にあるような雑誌や本を、
スキャナーがぐんぐんと吸い込んでデータ化してくれるのです。
まだ裁断機までは購入していませんが、この勢いでは時間の問題と思われます。

1週間ほど使用してみて分かったコツは、
「とにかくキレイな紙の束を作ること」だと思います。
紙づまりや、紙が重なって送られる「重送」を防ぐことが最大のポイントです。
製本の糊や、ホチキス針を除去し、紙の端がギザギザにならないよう注意深くカットする。
目標は、「開封したばかりのコピー用紙の束」です。
そこまで出来れば、後はスキャナーがほぼ自動で読み取ってくれ、
出来上がったPDFに名前をつけるだけです。

部屋の一区画を占拠している「紙の山」が無くなるまで、がんばります。

Moriuchi/designer

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-10-13 10:20 | Kobayashi/designer | Comments(0)
2014年 10月 06日

「遠州地域の食文化の伝承」のブランドマーク

専門学校浜松デザインカレッジのブランディングデザインの授業で、
遠州地域の食文化の伝承と地域の食品産業の発展を目的に、
2013年6月に設立された県西部の食品関連会社32社で組織する
遠州食品加工業協同組合様の協力を得て、
グラフィックデザイナーを目指す学生たちが、地域のナショナルブランドを目指すための
ブランドマークの制作に取り組みました。
学生たちが開発のコンセプトを考え、ブランドとしてのアイデンティティを視覚化して提案する
実習行い、この度ブランドマークの公開プレゼンテーションを行ないました。
私の役目は、学生たちのディレクションとサポートです。
いつものことですが、自分のプレゼンテーションより緊張します。

Fujita art director

b0147347_1928450.jpg


















































b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-10-06 19:29 | Fujita/art director | Comments(0)