brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 27日

新MAC PRO

昨年末、大掃除に機会に古いパソコンなどを処分しました。
念のためと、パソコンからはハードディスクを取り外し、
その上でリサイクル業者に持ち込んだのですが、
古いMACに入っていたハードディスクは、どれも容量が20GB前後の物で、
時代の流れを感じると共に、長い間働いてくれたのだなと思いました。
現在ではメモリも16GBぐらい積んでいる機種も普通にありますし、
USBメモリも32GBの物が1,000円台で売っています。
容量が増えると共に単位も移り変わり、
ハードディスクは「テラ」の単位が当たり前になっています。

昨年発表され、話題となった新しいMAC PRO、
早く注文された方はもう届き始めているようで、
あちこちでそのレビューが見受けられます。
何よりも目をひくのはそのデザイン、そして小ささでしょうか。
先代のMAC PROはシルバーの筐体で大きく、頑丈で、
サイドのドアが大きく開くので、
内部をいじったり、掃除したりする時にとても便利でした。
高い性能と共に、拡張性の良さも売りの一つでした。
内部の構造やパーツが進化しても、
この外観だけは随分長い間変わらずに発売され続けてきました。

ネット上では新旧のMAC PROの比較画像等もあり、
先代に比べると6分の1くらいにまで小さくなったサイズと、
真っ黒な円筒形のボディ(ゴミ箱などと言われていますが)に驚きます。
性能も専門誌等でベンチテストが行われており、
ムービーの編集などの著しくマシンパワーを要する作業もスムーズにこなせると、
前評判も高いようです。
性能が高い分お値段もなかなか高価なようで、
個人が普通に使う用途ではオーバースペック気味でもあり、
仕事として使う人が主なユーザーとなるのではないでしょうか。

円筒形のボディというと、過去にAPPLEの20周年記念モデルとして発売された、
「スパルタカス」を思い出します。
限定生産品のため、私も実物を見たことはありませんが、
APPLEは時々こういった先鋭的なデザインの商品を出してきます。
売れ行きが悪ければすぐにデザインを変えてしまう可能性もありますので、
(クラムシェル型のiBookなど短い期間でモデルチェンジしてしまいましたから)
このデザインがまた長く愛されるようになると良いのですが…。
もうそろそろ店頭に並ぶのではないでしょうか。
実物を早く見てみたい物です。


リンク先はAPPLEの20周年記念モデル「スパルタカス」のウィキペディアのページです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Twentieth_Anniversary_Macintosh

Moriuchi/designer

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-01-27 09:12 | Kobayashi/designer | Comments(0)
2014年 01月 20日

大寒

2014年の1月20日は二十四節気のひとつ大寒。
大寒といっても、わたしの住む浜松市は温暖な地域なので
雪がふることは、めったにはありません。
温暖な地域で育つとされるレモンが
今年もたくさん実をつけています。
国内で流通している国産レモンはおよそ9%ほど。
無農薬で、防かび剤をつかっていない自家製レモンは、
すこし小ぶりですが、皮まで安心して食べられます。
ビタミンCの働きによる免疫力の向上や
がん予防、抗酸化作用、美肌、コレステロール値の正常化、等々、
たくさんの効果があるそうです。
今年は、いつも小鳥に食べられてしまうピラカンサの実も、きれいに残って
レモンの黄色とピラカンサの赤が、冬のさびしい庭に色をそえています。
(Manager)
b0147347_1111558.jpg













b0147347_11123573.jpg












b0147347_9462541.jpg





ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-01-20 11:17 | Manager | Comments(0)
2014年 01月 14日

少し遅い大掃除

昨年秋に検討していた、自宅のMacを先日新調しました。
価格の点からWindowsにしようかと思ってみたりもしましたが
やはり使い慣れているMacが良いと思い、iMacにしました。
制作関連のアプリケーションは全く入れていないので
まだ作業はできませんが、今後必要があれば検討していこうと思います。

折角新しいMacを買うのだから、と、デスク周りを綺麗にし
そのまま部屋の模様替えもしてしまったりと、
少し遅い大掃除をして週末は過ごしていました。
物を処分するのもすっきりして気持ちのいいものですが
新しい環境を整えるのも気持ちがいいですね。

Matsushima/designer

b0147347_14545734.png























b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-01-14 14:55 | Comments(0)
2014年 01月 08日

良い広告をつくるという意思




b0147347_10273311.jpg










1980年より、広告代理店として活動を続けてきたコスタ株式会社は、
2013年11月1日より、時代のニーズに応え、より高い企業や商品・サービスの
コミュニケーション・ソリューションを実現する志と意思を持って、
新社名 良い広告株式会社として生まれ変わりました。
新社名に伴うVI計画をブルックスタジオが担当させていただきました。
良い広告株式会社のロゴタイプは、文字の天地のサイズを正方形より短くし、
終筆部、線の端に飾りをつけて
「のびやかな安定感」と「信頼性」を印象付けることを意図しました。
「い」は、日本独自の文化であるひらがなをつなげることで
「ふくよかさ」と「つながり」を表しています。
ロゴタイプのアルファベットのEには、
Effective(エフェクティブ=効果的な、印象的な。)
Ethical(エシカル=倫理的な、道徳的な。また、環境や社会に配慮したさま。) 
Excellent(エクセレント=優れた、卓越した。)
3つの「良い」につながる意味があります。
「受け手と送り手の関係をコミュニケーションによって良い関係にする」
これが良い広告株式会社の使命であり、良質で機能的なコミュニケーションの
「仕組み」と「表現」をデザインすることによって、多様化するクライアントの
コミュニケーションの課題を抽出し、解決策を創造し、成果を上げる支援を実践します。
ローマ字のロゴタイプは、Eとそこに向かう3つのベクトルを誘目性の高い赤にすることで
「良い広告をつくるという意思」を表現しています。

Fujita/Art director




b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2014-01-08 10:23 | Fujita/art director | Comments(0)