brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 26日

夏の風物詩

今年も、ブルックスタジオにインターンの実習生が来ています。
毎年夏に受け入れをするので、すっかり夏の風物詩となりました。

ブルックスタジオでは、例年実務のアシスタントではなく
職場人として心得ていて欲しいマナーを教えています。
言葉遣いや態度だけではなく、仕事をする上で基盤となる専門知識もマナーです。

専門知識として主に
CI(コーポレート・アイデンティティ)※を勉強しています。
現在授業で教わる機会もあるかと思いますが
ブルックスタジオには
ブランド立ち上げから、成長まで担当させていただいた実例が沢山あるので
どんな過程を経て出来上がったのか、成長していったのかを
比較しながら学ぶ事が出来ます。

デザイナーという専門分野で仕事をする以上、
良いものを作る事は大前提ですが、
それだけではクライアントに納得していただけません。
クライアントが何を求めているのか、どうなっていきたいのかを
きちんとヒアリングして、最適なものをオーダーメイドしなければなりません。
相手の求めているものをしっかり読み取れるデザイナーになって
社会で活躍して欲しいと思います。

※CI とは
企業の社内意識と、社外からの企業イメージが、同一化された状態のこと。
企業の心と形を統一すること。企業の意識統一と視覚的統一をすること。
企業が社会的信頼を得るために必要不可欠なもの。

Matsushima/designer


b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2013-08-26 10:55 | Comments(0)
2013年 08月 18日

コミュニケーションアカデミー「めだかの学校」

広告代理店での講義、コミュニケーションアカデミー「めだかの学校」全10回が、
残すところあと2回となりました。
人前で話すのは毎度緊張します。
只今、休み返上での原稿を書いております。

言葉の定義、コミュニケーション、インフォメーション、データ、、マーケティング、ブランディング、
アイデンティティ、ベネフィット、パーセプション、etc 解釈の仕方はいろいろありますが、
いろんな言葉がそれぞれの場面で違って捉えられてるのではないでしょうか。
その言葉の持つ本質をとらえ、なるべく日本語で説明しようとしますが
聞き手によく理解できるように、説明しづらい言葉も少なくありません。
次回は、8月23日 「コンセプトをつくる技術」です。
コンセプトという言葉は誰もが良く使う言葉です。しかしその意味をきちんと理解して使っている人は
少ないのではないでしょうか?むしろ苦手意識を持っている人が多いのかもしれません。
コンセプトの定義がバラバラなため、混乱が生じている場合があるようです。
開発コンセプト・商品コンセプト・広告コンセプト・デザインコンセプトなどの言い方をすることで、
「何に関する基本思想か?」を表す事が出来ます。例えば「開発コンセプト」と表現した場合、
開発の全体を通じて拠り所になるような、基本的な思想や方向性をさし示すことができます。
また、試しに作ってみたものを表すような語については、「試作モデル(コンセプトモデル)」とか
「試作車(コンセプトカー)」などの言い表わし方もあります。
コンセプトがあるからこそ「良いもの」が生まれる。そう考えるのが自然な流れです。
コンセプトがあるから、「誰に向けてつくればいいのか」「どんなデザインにすればいいのか」
「どんなふうに実行すればいいのか」そうした色々なことが決まってきます。
コンセプトに導かれて、デザインや、ネーミング、内容物、価格、キャッチフレーズなどの
形態(ありよう)が決まってゆきます。
商品には、形態(ありよう)と意味という二元性があり、その両方を持つものに価値があります。
形態と意味の正しい関係のありかたをひも解き
コンセプトのつくりかたのルール(デザインの内側)を実例(デザインの外側)を
示しながら説明する講義です。



Fujita/Art drector

b0147347_12265640.jpg
























b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2013-08-18 12:38 | Fujita/art director | Comments(0)
2013年 08月 09日

夏季休暇のお知らせ

残暑お見舞い申し上げます。
今週と来週は各地で猛暑の予報が出ています。
お身体には、十分気をつけてお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。

誠に勝手ながら、明日 8月10日(土曜日)から8月18日(日曜日)まで
夏季の休暇とさせていただきます。
御迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますよう、
よろしくお願い申し上げます。
(Manager)

期間 : 2013年8月10日(土)~8月18日(日)

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2013-08-09 11:14 | Manager | Comments(0)
2013年 08月 06日

地震に対する心構え

つい先日、浜松市の沖合、遠州灘を震源地とする地震がありました。
8月6日土曜日の午前10時頃でした。
私は会社で仕事中でパソコンに向っており、
突然ガツンと何かがぶつかったような大きな揺れがあり、
その後少しだけ小さな揺れがありましたが、
その後は余震なども無く、被害は何もありませんでした。
揺れている間、ほんの数秒のことでしたが、
机の下にもぐろうかどうか思案しながら身構えていました。
震源地が近かったためか、携帯電話の地震警報も鳴らず、
すぐにネットを見ましたが、yahooの地震情報もまだ出ていない状態でした。
その後の情報で、浜松市の中区近辺は震度4であったことを知りました。

東北では今でも頻繁に地震が起きていますが、こちらでの地震は久しぶりのことでした。
地震に対する備えは随分と進化していますが、それでも突然来るものであり、
同じ天災でも、台風のようにあらかじめ分かる物ではありません。
東海地震や東南海地震など、警戒が呼びかけられています。
もしかしたら明日起こるかもしれませんし、
ひょっとしたら私が生きている間は来ないのかも知れません。
建物の耐震や、避難訓練などはもちろんのこと、
「起こった時にどうするか」ということを、
常日頃から意識して生活することが大切であり、
改めて日頃の心構えが必要であることを思い直しました。

画像は静岡県が公表している、浜松市の震度予想図です。
これ以外にも様々なパターンを想定して予想がされており、
液状化や津波予想なども知ることができます。

http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/4higaisoutei/shiryou.html

b0147347_1855111.png









































Moriuchi/designer

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2013-08-06 18:08 | Kobayashi/designer | Comments(0)