brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

ブランディング・デザイン

10月3日から、浜松デザインカレッジの3年生の授業で、
ブランディング・デザインの講義と演習を担当します。
講義の内容を、少し紹介します。

ブランドとは?
商品やサービスのあらゆる情報発信点と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)
で接する角度からの情報と、伝達するメディアの特性、消費者の経験、
意思思想なども加味され、
結果として消費者の中で商品やサービスに対して出来上がるイメージの総体です。
このイメージの総体とは、消費者の心の中にある「記憶」のことです。
どんな会社でも、商品、サービスに対して何かしらの「記憶」があります。
「覚えていること」や「思いだすこと」
それが良い記憶なら、良いブランド。
あまり良くないことが思い浮かべばブランド力が弱い(低い)といえます。
覚えていることが少ないということは、個性的なブランドとは言えない証拠かもしれません。

商品サービスに関する、感動や体験、スタッフの印象、今後への期待など、
お客様が企業や商品について「思うこと」や「覚えていること」が少なからずあるのであれば、
ブランド構築とは無縁ではありません。
なぜなら、この「記憶」がその会社の今のブランドなのです。
お客様が商品やサービスに託された「意味」に興味を抱き、
共感してその世界観を本気で手に入れたいと考えたときに、ブランドと呼べるものになります。

人間の記憶には、「短期記憶」と「長期記憶」が存在することは知られていますが、
短期記憶は、文字どうり数秒から、数分という短い時間で頭の中に情報が保持されることを示し、
そのうち9割は、すぐに忘れてしまうといわれています。
残りの1割の情報が「長期記憶」に移行されるといいます。
どのような情報がこの長期記憶に移行されるのでしょうか?
それはその人の情報に対する理解が大きなウェイトを占めているといわれています。
ブランドに「意味」を持たせるのはこのためです。
そしてその意味に、顧客が大きな感情を伴っていれば、しっかり「記憶」されるのです。

商品やサービスと一緒に、大きな感情がセットされていれば長期記憶に残せるわけです。
ブランドコミュニケーションは、その長期記憶に対して
メッセージ送ることで刺激を与えてブランドの記憶を引き出します。
短期記憶された情報が、知識ベースとなる長期記憶をもとに情報がやり取りされ、
感情が生まれます。
感動が伴った過去の経験は不思議と覚えています。
情報の理解に感情が伴えば、「記憶」は心の中に根づくのです。

Fujita/art dilector

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2012-09-30 17:09 | Fujita/art director | Comments(2)
2012年 09月 24日

検索エンジンの進化

先日、クライアントの方とSEO対策について
お話しをさせていただく機会がありました。
その中で出た話題の一つに、「人間の目とコンピュータの目で見たWEBサイトは違う」
というものがあり、
双方の目から見てどちらからも分かりやすく、
良質なサイトをつくるよう心掛けるべきだとのお話しに、なるほどと思いました。
言われてみればその通りな、あたりまえのことなのですが、
それを実行するのはなかなか難しい物です。

WEBの世界は、GoogleやYAHOOを初めとする、
検索サイトのプログラムが飛び交っています。
ロボットやクローラと言われるそれらのプログラムが収集したデータを、
各社の検索エンジンが解析し、検索順位に反映させているのです。
検索順位の決定の根拠は、各社ともおおまかな指針を発表してはいますが、
その判断をするアルゴリズムは公表されない物であり、
実際のサイト上で作成をし、工夫をしてみて、その結果から予測するしかありません。

WEB制作に携わる当社としても、SEO対策は重要な仕事です。
日々情報収集をし、刻々と変化する検索エンジンの仕様を
研究していくことになります。

世界中のWEBサイトを巡り、データを収集して
それを判断し表示させる検索エンジンは、
まるで生き物のように感じられます。
古今東西の物語で語られたテーマで、
知性を獲得したコンピュータが人類に叛旗を翻す、などといった話がありますが、
そう考えるのは、ロボットに親しみの深いといわれる日本人の習性なのでしょうか。
宇宙から帰ってきた探査機の「はやぶさ」に多くの人が感動し、
応援のメッセージを送ったことも記憶に新しいです。

いつかほとんど人と変わりの無い応対をする、
コンピュータの端末と共に暮らす時代が来るのかもしれません。

Moriuchi/designer

「ブルックスタジオ」というワードで、
GoogleとYAHOOそれぞれ検索をしてみました。
どちらもトップは当社で、以下同名他社が続くのですが、
3位からの順位が変わる結果になりました

b0147347_1623418.jpg


b0147347_9462541.jpg






















ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2012-09-24 16:16 | Kobayashi/designer | Comments(0)
2012年 09月 18日

iPhone5 発売。

先日情報が解禁され、14日には予約受付が開始された iPhone5。
まだまだ私はいわゆるガラケーを使用していますが
ニュースやホットキーワードとして目にすることが多いので
今までと何が違うのか
今後買い替えの時のために知っておこうと思いました。

製品の形・軽さ・大きさ・バッテリー・カメラetc...
全ての箇所に改良が加えられているのはもちろんですが
今回一番大きな話題となっているのは「テザリングの可否」だと思います。
iPhone5は引き続きauとSoftbankで契約することができますが
auではテザリング可能であるのに対して
Softbankではテザリング不可能なのだそうです。

そもそも、テザリングがよく分からなかったので
調べてみることにしました。

テザリングとは、通信端末を内蔵したモバイルコンピューター(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。 (Wikipediaより引用)

つまり、パソコンをネット使用したい時に
iPhone5があれば、外付けモデムが無くてもネット接続ができるという機能だそう。
携帯電話とパソコンのネット接続用のモデム契約の2本を契約しなくても良いみたいですね。
契約を1本化できることはコストを抑えることができて、
非常にメリットになると思います。
詳細はまだ分からないので、
1本化することによるメリット・デメリットも色々とありそうですが。。

2社の「テザリングの可否」によって
MNPで乗り換えを検討している方も居るようですが
Softbank社が同一製品の機能差をそのままにしておくとは思えないですし
(今回の同一製品の機能差も不思議な問題だと思いますが)
どんなに高品質・高性能な製品でも、
初期不良や使ってみないと分からない点が多々あるため
いずれにせよ、しばらく動向を見守っているのが良いような気がしています。

新製品の発売も楽しみですが、
Apple社の「常に人々が心待ちにする製品を生み出せる」という
企業努力もとても素晴らしいことだと思います。

Matsushima/designer



b0147347_9462541.jpg



ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2012-09-18 14:17 | Comments(0)
2012年 09月 08日

ビジュアル・アイデンティティ戦略

今、いくつかのビジュアル・アイデンティティ戦略の計画が進んでいます。
大学や専門学校の授業でも、CI,VIの講義を担当していますが、
「言うのとやるのは大違い」実践は大変難しいのです。

VI(ビジュアル・アイデンティティ戦略)とは、
企業のイメージをコミュニケーションの視点から
内外の同一化を図ることです。

シンボルマーク、ロゴタイプ、カラーリングは、VIの中心的存在であり
コミュニケーション戦略の核となるものです。
VIは、コミュニケーション表現の要素に統一性を持たせ、
より効果的なコミュニケーション活動をおこなうことで、
ブランドとしての内外のイメージの同一化を図るわけです。

ブランドイメージの向上を図るための、ブランド構築がVIの目的です。
開発にあたって、何を目指すのかをはっきりさせるために、
まず、開発のコンセプトを設定します。
そのうえで、デザインコンセプトを設定します。
どのようなイメージを構築すればよいかという「イメージ軸」と、
コミュニケーション展開を機能的にする、デザインシステムの手段としての「機能軸」の
両方から考えてゆきます。

アイデアスケッチを考えるとき、
 どのような意味を持たせるのか?
 感覚的に伝わりやすいか?
 視覚訴求性は強いのか?
 類似性はないか?
 時代性、発展性はあるのか?
 シンボルがデザインシステムの中で核として機能するか?
などなど・・・。
イメージ上の開発基準と、機能上の開発基準を考慮してデザイン開発を進めます。

そしてシンボル、ロゴタイプ、カラーリングなどの基本デザインが確定されると、
コミュニケーション展開のためのアプリケーションデザインを制作します。
アプリケーションが決定されると、VIマニュアル制作をまとめます。
ここで一段落。

ここから企業のコミュニケーション展開のはじまりです。
VIは、企業の形と心。
つまりデザインと理念が構築され、それを企業コミュニケーションによって
発信されて情報価値をつくりだします。
マネージメントとマーケティングで目標とする企業の姿を達成させる
長い長い道のりなのです。

Fujita/art director



b0147347_9462541.jpg



ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2012-09-08 12:27 | Fujita/art director | Comments(0)
2012年 09月 03日

備えあれば・・・

暑い日が続いていますが、気がつけば9月。
おととい9月1日は、全国各地で様々な防災訓練が行われたようです。
ここ数年、日本は自然災害がとても多くなったように感じます。
地震だけではなく、この夏は豪雨による被害も多数発生しています。
災害は日常と背中合わせ。
常にどこかで起こりうることであり、繰り返し起こることだという
危機意識を持つことが重要です。
東海地震が今後30年間におこる確率が88%と言われてます。
もし、仕事中に地震や台風が起こったら・・・???
昨年9月の台風は、珍しく日中に浜松を直撃し、強い風と雨の中
brookstudioも雨漏りの被害がありました。
浜松市内は各所で停電し、仕事にも影響がでました。
家庭での防災対策に加えて、
職場でも地震や台風に対する心構えと対策が必要だと感じます。

(Manager)

b0147347_1052070.jpg



















b0147347_9462541.jpg



ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2012-09-03 10:07 | Manager | Comments(0)