brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Kato/designer( 14 )


2017年 10月 23日

お客さまにとっての意味

「その商品がブランドになるのは、それがお客さまにとって意味を持ったときです。」

これは「TRUE DESIGN NOTE」からの一文です。

企業側が、どれだけ熱い想いでつくったものでも
最初はみんな「ブランド」ではありません。
顧客側がその商品を良いと思ったり、好きになったり。
そこに込められた想いに共感して、その世界観を手に入れたいと思う。
そうしてやっと、「ブランド」としての価値がうまれるのです。

つまりそれは、ブランドの価値は増減するということ。
たとえば一度は誰かにとってのブランドになれたとして、
そこからもっともっと信頼されるブランドになる可能性もあれば、
なにかのきっかけでそうはなくなってしまう可能性があるとも
考えることができるのではないでしょうか。

私たちブルックスタジオが携わっているのは、
そんな、誰かにとっての「ブランド」であり続けるために
企業の想いを伝えていくお手伝いをすることだと思っています。
これからも、デザインにはそんな力があると信じて
日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

Kato/Designer


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-10-23 09:31 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 09月 18日

入政建築様 ホームページリニューアル

このたび、入政建築様のホームページのリニューアルを

お手伝いさせていただきました。


今回は、今までのホームページの内容を見直し、

入政建築様の強みである「小さな家で、豊かに暮らす。」というテーマを

より伝えていけるような内容に再構成いたしました。


また、リニューアルのもうひとつのポイントは「スマートフォン対応」です。

最近では、インターネットを利用している人たちの

約7割以上がスマートフォンを使っているのをご存知ですか。

スマートフォンからの閲覧でも、

お客さまにストレスなくホームページを閲覧してもらいたいという

入政建築様の想いをお伺いし、今回のリニューアルを機に

スマホ対応のデザインをご提案させていただきました。


入政建築様、ありがとうございました。


入政建築様のホームページはこちら


b0147347_09255187.jpg



b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-09-18 09:26 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 08月 21日

「森の石けん」パンフレット

みなさま、お盆休みはいかがお過ごしになりましたか。
まだまだ猛暑がつづきますが、くれぐれもご健康にお気をつけください。

さて、以前にもパッケージ制作についてご紹介させていただいた
森の石けん「Grace of Forest」ですが、
このたび、プロモーションツールのためのパンフレットが完成しました。

b0147347_09443044.jpg

掛川の森の恵みを使用してつくられた、無添加の化粧石けん。
原料であるヒノキの葉や葛の葉の写真は、
森のいのちを感じさせるような新鮮さが表現できるよう
撮影にもこだわりました。

商品やパッケージだけではなく、
こういった形でパンフレットとして表現することにより
時ノ寿の森クラブのみなさまの想いが
もっと多くの方に届くきっかけになることを願っています。

Kato/Designer

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-08-21 09:56 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 07月 10日

見えない価値

「マーケティング」というとどうしても難しい印象がありますが、

TRUE DESIGN NOTEにこんな文があります。


『マーケティングの基本は、良い商品やサービスを必要な人に提供すること』

『売り手の利益と買い手の利益を交換する活動』


売り手の利益は「金銭」、買い手の利益は「商品」。

当たり前のように感じるかもしれませんが、

マーケティングは「押し売り」をすることでもなければ

「宣伝して売る」ことでもありません。

その商品を必要だと思った人が、それに対してお金を払う。

「利益の交換」なんだと考えたら

マーケティングはもっと身近なものになるような気がします。


ここで大切なのが、売り手の利益には

「金銭以上に大切なもの」があるということです。

商品を手に入れたお客さまの心の中には、

その企業やブランドへのイメージが残ります。

「また買おう」という気持ちは、

ここから生まれてくるのではないでしょうか。


商品は、売れたら終わりではありません。

目に見える利益ばかりではなく、もっと大切な

「見えない価値」について想像力をはたらかせてゆくことが

なによりも大切なのかもしれません。


KatoDesigner

b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-07-10 09:49 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 06月 12日

湖西リサイクル事業協同組合様 VI

湖西リサイクル事業協同組合様のVIを当社で担当させていただきました。


セメント・アスファルト・コンクリートの廃材中間処理を

手がけている湖西リサイクル事業協同組合様。


シンボルマークの提案段階では、

リサイクルの「Re」や、湖西の「K」をモチーフにしたもの、

リサイクルから連想できる「変化」や「つながり」、「繰り返す」イメージのものまで、

様々な視点からデザイン案を提出させていただきました。


b0147347_09535277.jpg

決定したマークは、湖西の「K」をモチーフに、

3つの円が重なり、繰り返してゆく様子をデザインしたもの。

カラーに鮮やかな2色のブルーを使うことで、

地球や環境に配慮した、安全で、さわやかな印象になりました。


b0147347_09535263.jpg


決定したロゴを使用して、名刺・シールのデザインも制作させていただきました。

湖西リサイクル事業協同組合様、ありがとうございました。


Katodesigner



b0147347_9462541.jpg
ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。

[PR]

by brookstudio-f | 2017-06-12 10:28 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 05月 15日

4Pと4C

以前ご紹介した「TRUE DESIGN NOTE」。

今回私は「マーケティング・ミックス」についての項目を読みました。


マーケティング戦略を具体的に実行していくための要素として、

「4P」があります。


Product(製品)何を売るか

Price(価格)いくらで売るか

Place(流通)どのように届けるか

Promotion(プロモーション)どう知ってもらうか


この「4P」を、買い手側の目線で捉え直したものが「4C」です。


b0147347_09102951.jpg

売り手側の視点で考えることももちろんですが、

買い手側の視点になって考えることも

マーケティング戦略を考えるうえでは大切なのだと感じます。


たとえばこれを買ったらどんないいことがあるかなとか、

少し値段が高いけど、このブランドのものならがんばっちゃおうとか、

お店まで行くのは面倒だから、ネットショップを利用しようとか、

店頭のPOPに惹かれてついつい買ってしまったとか。


まだまだ勉強中ではありますが、

自分が普段買い物をする時に、何を考えどう行動していたかを思い返してみると、

そこには「売れる」ヒントがあると、気付くことができました。


KatoDesigner



b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-05-15 09:23 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 04月 10日

b0147347_14193196.jpg

今年も、事務所から見える桜がきれいに咲きました。


私事ではございますが、

今年の4月で、ブルックスタジオに入社してから1年が経ちました。

入社してすぐ、事務所から見えるこの桜に感動したことを思い出します。


この1年は、私にとって経験するすべての出来事が勉強の連続でした。

藤田社長はよく「考えることの大切さ」を教えてくれます。

なんとなく、で仕事をしてしまっていないかな。

こんなかんじ、でデザインしてしまっていないかな。

デザインは、かっこいい・かっこよくない、の前に、

伝えるべきメッセージを正しく伝えるものであるべきだと思っています。


いいなと思えるデザインと出会ったら、その理由を探してみる。

そうやって日頃から「考えること」を続けることが、

デザイナーとしての表現の幅を広げてくれるのだと信じています。


Kato/Designer




b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-04-10 15:17 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 03月 15日

「森の石けん」ロゴマーク・パッケージ制作

以前、当ブログにて試作段階のものを紹介させていただいた

森の石けんのパッケージが完成いたしました。

▶「森の石けん」パッケージ試作


NPO法人 時ノ寿の森クラブの皆様がつくる、無添加の美容石けん。

コンセプトは「森のいのちに近い石けん」。

捨ててしまうヒノキの葉とクズの葉のエキスを使い、

森の恵みを社会に活かしたいという想いからつくられました。


ロゴマークは、スクリプト書体をベースに背景に曲線を使い、

里山にある豊かな生態系と人の有機的な関係を緩やかな曲線で結ぶことで

「必然性のある偶然」を表現しました。


パッケージには「黒気包紙」という紙を使用しています。

この紙はしっかりとした黒さと優しい手触りが特徴で、

ロゴマークの銀刷りもきれいに映えています。

あたたかみもありながら、上品さが感じられるパッケージが完成しました。


本日、3月15日(水)より、掛川城竹の丸などで販売が開始となります。

お問い合わせは、NPO法人 時ノ寿の森クラブ様まで。

TEL 0537-28-0082


NPO法人 時ノ寿の森クラブの皆様、ありがとうございました。


Kato/designer


b0147347_12150266.jpg


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-03-15 12:16 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 02月 06日

株式会社 グリーンメンテナンス様 VI

株式会社グリーンメンテナンス様は、静岡県浜松市を拠点に

全国で藤棚から樹木診断・治療・回復、緑化工事・緑地管理、

ガーデンデザインまで、幅広く緑に携わっておられる会社です。


現在「はままつフラワーパーク」の理事長をされており、

女性初の樹木医でもある塚本こなみ様が

今ここにある樹木、緑地を美しく健全に守り続けたい

という想いで創業されてから、約30年余り。

本年より新体制となり、勢いのあるグリーンメンテナンス様の

VI、ホームページ制作を当社で担当させていただきました。


シンボルマークは、アルファベットの「g」をモチーフに、

「眺めをデザインし、緑を守り育てる」という

グリーンメンテナンス様のブランドコンセプトをシンボライズ。

2つの円のつながりは、調和と共生に加え、

美しい緑の風景を残す基本姿勢を表現しており、

「g」の右上のイアーは、進化のベクトルを表しています。


このシンボルマークを使い、名刺デザインや看板、

ホームページ制作などのアプリケーション展開も当社で担当させていただきました。


創業以来の想いを受け継ぎながら、

アカデミックに活躍しておられるグリーンメンテナンス様にとっての

新たな出発のお手伝いができれば幸いです。


グリーンメンテナンス様、ありがとうございました。

▶ホームページはこちら


Kato/designer

b0147347_09252267.jpg
b0147347_09253973.jpg


b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-02-06 09:26 | Kato/designer | Comments(0)
2017年 01月 09日

新年のご挨拶

b0147347_922368.jpg


新年あけましておめでとうございます。
皆様のおかげで、無事に新しい年を迎えることができました。

昨年は多くの良きご縁に恵まれ、
想像もしていなかったような素晴らしい経験と
たくさんの勉強をさせていただき、
とても充実した一年となりました。

本年も、「機能するデザイン」で価値をつくり出せるよう、
より一層努力してまいります。

本年も変わらぬお引き立てのほど何卒よろしくお願いいたします。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。

Kato/designer

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

by brookstudio-f | 2017-01-09 09:20 | Kato/designer | Comments(0)