brookstudio blog

brookf.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 25日

芸術の秋

高く澄みきった秋空の日となった週末。
一年で最も過ごしやすい季節です。
「食欲の秋」もたけなわ。
まさに「天高く馬肥ゆる秋」です。
おいしーものばかりに目がいきがちですが、
本日は芸術の秋を満喫しようと・・・
磐田市にある旧赤松家記念館で開催中の空間芸術展で、
アートにふれて参りました。
旧赤松家は造船技術の先駆者、「赤松則良」が
明治25年頃に建築した屋敷です。
明治建築の特徴がよく活かされた建物です。
現在残っている門や塀はレンガを巧みに積み上げたもので、
近代建築物としての価値が高く
明治の面影を残す貴重な建物として
県や市の文化財に指定されています。
この明治の面影を残す空間の中に,
ブロンズや鉄、ガラスなどの作品の数々が配置されています。
古い建物と若い作家さんのアート作品との融合は、
「場」の持つ力と共存し、幻想的な世界がひろがります。

ちなみに「赤松則良」は、幕末に19歳にして咸臨丸で勝海舟らと渡米。
オランダにも留学し海軍の造船技術を学び、
明治政府のもと造船技術の先駆者として活躍しました。
展示資料館には、
赤松則良が勝海舟・榎本武揚と並んで写った写真や、
徳川家から贈られたという掛け軸、屏風などの貴重なお宝も展示されていました。
わたしの予備知識では・・・
  「赤松則良」 = 磐田原台地での茶園開墾の方(乏しい予備知識です・・・)
まさか、勝海舟や榎本武揚とゆかりのあるような幕末の偉人だとは・・・。
空間芸術展で思いがけず幕末の歴史にもふれて充実した時間を過ごしました。
さらに、こんな事も・・・
長女「登志子」は、森鴎外と結婚!
お孫さんは初代磐田市長!
まさに華麗なる一族です。


「AKAMATU spatial art2010」
こちらの展示は11月14日まで(見学は無料)

(Manager)

b0147347_9325871.jpg












b0147347_9333324.jpg












b0147347_9342990.jpg
[PR]

by brookstudio-f | 2010-10-25 09:38 | Manager | Comments(0)


<< 北沢建築VIS      信頼して使える道具 >>