2017年 01月 16日

「つる」のモビール

四季折々にアート感覚でモビールを飾ります。
お正月はおめでたい「つる」を飾りました。
「つる」は長寿と繁栄のシンボルとして、
また、天まで届く声をもつ縁起の良い鳥として、
尊ばれてきました。

大空を舞う「つる」のごとく、羽ばたける幸多き一年になりますよう、
お祈り申し上げますとともに、
本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

(Manager)
b0147347_1021855.jpg























b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2017-01-16 09:00 | Manager | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 09日

新年のご挨拶

b0147347_922368.jpg


新年あけましておめでとうございます。
皆様のおかげで、無事に新しい年を迎えることができました。

昨年は多くの良きご縁に恵まれ、
想像もしていなかったような素晴らしい経験と
たくさんの勉強をさせていただき、
とても充実した一年となりました。

本年も、「機能するデザイン」で価値をつくり出せるよう、
より一層努力してまいります。

本年も変わらぬお引き立てのほど何卒よろしくお願いいたします。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。

Kato/designer

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2017-01-09 09:20 | Kato/designer | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 26日

年末のご挨拶

今年も残すところ約1週間となりました。
ブルックスタジオとしましては、あと3日です。

本年も沢山の素敵なご縁をいただき、弊社はさらに前進することができました。
これも全て、新たにお逢いできた皆さまはもちろん、変らず支えてくださる皆さまのおかげです。
来年も、更に良いご縁をいただけますよう誠心誠意努力する所存ですので
より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

私個人としましては、いつまでも初心を忘れず、デザイナーとしても社会人としても
笑顔と誠意の見える仕事をしていきたいと思います。

来年も相変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせていただきます。

kobayashi/designer

b0147347_9462541.jpg



ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。

[PR]

# by brookstudio-f | 2016-12-26 11:15 | Kobayashi/designer | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 21日

ブランディングの構造

ブランドを構築しようとするならば、ブランドとして一貫した世界観でお客さまとコンタクトを取ることが大切です。
どういったブランドに育てたいかという理想像(ブランド・アイデンティティ)を描き、ブランド・コミュニケーション(お客様との接点でのメッセージや印象)によってブランド・アイデンティティを伝え、消費者の頭の中に、好ましい知識や連想のブランド・イメージをつくりだすことです。それによって構築されるのがブランド資産(ブランド・エクィティ)という結果です。
ブランド認知と連想を深めるためには、ブランドの価値を伝える映像やコピーのスタイル、色やタイポグラフィまでもマネ-ジメントし、ターゲットに持続的な情報発信が求められます。表現のあらゆる要素が一つに統合され、つねに一つのボイス(ワンボイス)としてメーセージが表現されている必要があります。
ブランド構築は「他者よりもいかに勝るか」ではなく、「他者との関係性を明確にし、いかに棲み分けできるか」を基準にします。

Fujita/art director

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2016-12-21 09:08 | Fujita/art director | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 12日

年末年始のお知らせ

早いもので、今年も年の瀬を迎えました。
その年を振り返るとき、
「満足する一年だったか?」というと
「まあ、まあ・・・満足?」
と、あまり欲張らずにほどほどのところで満足していたような・・・、
すこーし消極的だったかな?と反省しています。

来年は、何事も他人や世の中の基準に流されるのではなく、
自分自身に満足することができるような、
充実した一年にしたいと思います。
(Manager)

年末年始の業務につきましてご案内申し上げます。
年内業務最終日:12月28日(火)大掃除
年始業務開始日: 1月 4日(水)

ことしも皆さまからお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
来年も変わらぬご高配とご指導を切にお願い申し上げます。

【 年末年始のお知らせ 】
誠に勝手ながら、下記の期間 年末年始の休暇とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
期間 : 2016年12月29日(木) ~ 2017年1月4日(水)




b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2016-12-12 09:00 | Manager | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 05日

株式会社神田鉄工様 ホームページ制作

神田鉄工様のホームページ制作を当社で担当させていただきました。

アルミダイカスト部品の機械加工を専門に手がける神田鉄工様。
試作品1点から量産品まで、少数精鋭で高品質を追求しておられます。

時代とともに急速に変化をしているモノづくりの世界で、
多能工を極める職人さんたちが、
日々、現状にとどまることなく加工技術を磨いています。

その誠実さと熱量が伝わるよう、
職人さんたちの瞬間を切り取った写真を随所にちりばめ、
全体のレイアウトを組んでゆきました。
神田鉄工様のもつまっすぐな力強さをお伝えできていれば幸いです。

ホームページはこちら http://www.kanda-iw.com

神田鉄工様、ありがとうございました。

Kato/designer

b0147347_11261891.png


b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2016-12-05 11:27 | Kato/designer | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日

針谷眼科医院様 ロゴタイプ、看板制作

当社でブランディング・プロモーションを担当させていただいている

小林建設様からのご紹介で、

群馬県にある針谷眼科医院様の診療所の移転に伴う、

ロゴタイプ、看板、診療時間案内の制作を当社で担当させていただきました。


病院は、怖い、痛いといったマイナスのイメージを持たれやすいため

針谷先生のあたたかさ、優しさが伝わるロゴタイプを表現しデザインしました。


眼の部分には目のイメージを主張しすぎないようにデザインし、

女性の先生らしい、しなやかで繊細な印象を大切にしながらも

ロゴタイプ、看板として伝わるよう、文字の太さを細かく検討しました。


診療所に設置した看板は、アクリル切り文字にカッティングシートで質感を出し、

壁から少し浮いた施工をしています。


針谷眼科医院様の診療所は小林建設様が施工されています。

新たな出発のお手伝いができ、当社も大変嬉しく感じております。

針谷眼科様、ありがとうございました。


kobayashi/designer


b0147347_16402483.jpg

b0147347_16411631.jpg





b0147347_9462541.jpgブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2016-11-28 16:42 | Kobayashi/designer | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 25日

ブランドの条件

ブランディングは、単に商品のデザインや、広告コミュニケーションだけを
指すことではなく、単なる知名度向上戦略でもありません。
ブランドのイメージそのものを設計するというのがわかりやすいでしょうか。
ブランディングは、日々の活動を通じて培うものであり、その事業活動自体が、
ブランディングという羅針盤の上で一貫性を持つことで、
確実にお客様から選ばれる存在になっていくのです。
お客様にとっての意味や価値を磨き高めてゆくこと。
意味や価値の統一と継続から「ブランド」は生まれます。
もちろんその「意味」や「価値」の中身は会社によって千差万別です。
また、それを求めるお客様の趣味趣向も千差万別。
ただ、どのブランドにも当てはまる共通点は、
「顧客が求めるもの以上の価値を提供」しており、
またそれが「他では手に入らないもの」であり、
「顧客との的確なコミュニケーション」が十分にできており、
これらを「一貫性を持って継続して行うこと」
これがブランドになる最低条件です。

Fujita/art director

b0147347_9462541.jpg


ブルックスタジオは「Forward to 1985 energy life」に賛同いたします。
[PR]

# by brookstudio-f | 2016-11-25 14:19 | Fujita/art director | Trackback | Comments(0)